ピアノ情報館ぴあのーと

ピアノ楽しむ人向けに、ピアノに関する情報をまとめています

ピアノ初心者が弾き語りをやる方法!

この記事ではピアノ初心者向けに、弾き語りをする方法を紹介していきます!

ピアノの弾き語りって、ピアノを弾きながらさらに歌うなんて。。。と難しいイメージを持たれがちだったり

 

なんとなく初心者には敬遠されるジャンルですが

実際はちょっとかじるだけで、ピアノでストレス発散ができる楽しい分野なので

気軽に楽しみましょう(・∀・)

 

弾き語りをやる方法は2種類ある

 

あんまり細かい話をしすぎると、話がごちゃつくので、ざっくりわけると

弾き語りをするにあたって、ピアノで伴奏をする方法は2種類あります

 

一つが、弾き語り用のピアノ楽譜を準備して練習する方法

もう一つが、コードを使ってピアノで弾き語りの伴奏を弾く方法です

 

それぞれ詳しく書いていくので、自分に向いてると思う方で練習してみてください(・∀・)

 

ピアノ楽譜を使って弾き語りをする方法

 

まず最初に、普段使ってるような楽譜を使って、弾き語りをやる方法です

基本的には普通の楽譜とほぼ同じなんですが

メロディラインが出てこないのと、歌詞が書いてあるのが違いになります

 

楽譜自体は、普段のものと基本的に変わらないので

いつもの練習の延長上でできるのがいいところです

 

f:id:review2017:20180828101620j:plain

弾き語り用のピアノ楽譜



上の画像が、実際の弾き語り用のピアノ楽譜になります

普通の楽譜と違って、3段に分かれていて

 

上段が声に出して歌う、歌用の楽譜

中段が右手で演奏する伴奏楽譜

下段が左手で演奏する伴奏楽譜

 

という三段構成になっています

 

ピアノを弾きながら歌うって、始めてやると案外難しいので

右手は置いといて、左手の伴奏+歌というところから練習をスタートして

慣れてきたら右手も入れてみるといった形で練習していきます

 

片手ずつ練習するやり方と同じようなもんですね!

 

楽譜を使った弾き語りのメリットとデメリット

メリット
  • 普段の楽譜を使った練習の延長上で弾き語りができる
  • 比較的カンタンに弾き語りをスタートできる

 

デメリット
  • 好きな曲の弾き語り用楽譜を準備しないといけない
  • 1曲ずつに対してピアノ練習が必要

 

 

デメリットの方では、何よりも楽譜を準備するのが難しいところなんですよね

ピンポイントで好きな曲の弾き語り楽譜があるかって、かなり微妙なとこなので。。。

 

私が以前まとめたものですが、弾き語り用の楽譜でおすすめなのをまとめた記事もあるので

合わせてどうぞ

 


 

コードを使ってピアノ弾き語りをする方法!

 

続いて、楽譜を使わずに、コードを使って弾き語りをやる方法を紹介します!

 

弾き語りというとギターでやるイメージも強いと思うんですが

ギターの弾き語りはこっちのコードを使って弾き語る方法が使われています

 

f:id:review2017:20180828104313j:plain

コードを使った弾き語り


コードを使って弾き語りをする時に見るものはこんな感じです

歌詞の上にコードが書いてあるだけのシンプルなものですが

ギターで弾き語りをする人も、これと全く同じものを見て弾き語りをします

 

コードを覚える必要がある

 

コードを使って弾き語りをする方法の難点は

コードを覚えないと弾き語りが難しいという点になります

 

楽譜が無いので、自分でどうにかこうにかコードを料理しないといけないんですよね

 

例えば上のサンプルだと、おおきなくりの~の上にCと書かれていますが

これはCのコードで伴奏を弾きながら、おおきなくりの~っと歌えばいいという意味合いになります

 

で、Cコードって何?って話になるかと思うんですが

Cコードというのは、ドミソの3音から構成された和音になります

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/r/review2017/20180313/20180313143538.jpg

 

 

試しに、右手でドミソをじゃ~んと同時に押して

それに合わせて おおきなくりの~ と歌ってみてください

 

簡易的ですが、一応これだけで弾き語りは成立します

もうちょっと複雑にするなら、左手でちょっと低いところのドを弾いて

右手はドミソを弾くと、さらに弾き語りっぽくなります 

 

最初の方で、楽譜を使ったピアノ弾き語り方法を紹介しましたが

あっちもようは、このコードを楽譜に書き起こしただけの話なので

基本的な考えの根本はこっちなんですよね

 

早い話が、弾き語りはコードを使ってやるもので

コードを誰かが料理してくれた弾き語り楽譜を使うか

コードを自分で料理して弾き語りをするかの違いになります

 

自分でコードの料理方法を覚えるのは骨が折れる事ではありますが

一度コードを覚えたら、どの曲でも同じように弾き語りできるのが最大のメリットです

 

そして何より、ネットで検索すれば歌のコードってすぐ見つかるんですよね

今やってるドラマの主題歌のコードとかでもざらに見つかるんで

いちいち楽譜を買わなくても歌い放題という楽しさがあります

 

ピアノでコードを練習する方法は、別の記事でまとめてるので

そっちも参考にしてみてください(・∀・)

 


 

コードを使って弾き語りをするメリットとデメリット 

 

メリット
  • 一度コードを覚えたら、どの曲でも手軽に初見で弾ける
  • 楽譜が不要で、ネット検索で歌のコードが見つかる
  • 好きな曲の弾き語りができる

 

デメリット
  • コードを弾けるようになるまでがちょっと大変

 

 

コードで弾き語りをやっていきたい人は

↓の教本が図解が多くてわかりやすいかと思います

 

きょうから弾ける! ピアノレッスン―オールカラーだから、写真や図解がわかりやすい